メイちゃん農場とは

メイちゃん農場の歴史

投稿者 :メイちゃん 農場 on

メイちゃん農場の歴史

2013年メイちゃん農場の加工所設立 「メイちゃん農場で6次化に挑戦しませんか?」と国の6次化(※)プランナー方から声を掛けていただいたのが、2011年の今から7年前のことでした。今でこそよく耳にする「6次化」ですが、当時は始まったばかりで何のことやらわからない状況でした。当時、メイちゃん農場では近所の子供達に家畜と触れ合う機会を提供すると共に、食べ物を育てることの楽しさと難しさを勉強するという目的でヤギを飼育しながら、米・野菜の有機栽培などを行っていました。しかし、国の6次化認定を受けたことから「ヤギの飼育(1次産業)」×「ヤギ乳チーズの製造(2次産業)」×「販売(3次産業)」6次化へと活動の方針を大きく転換。 2011年10月に国の6次化認定事業として認可が通り、翌2012年には県の6次化認定を受け「鳥取発!ヤギ乳を使った6次化への挑戦」は始まったものの、鳥取県ではこれまでヤギを使って6次化に取り組む事例が無く、加工場の設備基準もわからなければ、乳製品製造業を取得するために必要な乳の検査方法もわからない状態でした。その当時、鳥取県や米子市の方から勧めも有り、基準の厳しい「乳製品製造業」より先に「菓子製造業」を取得することとなり、結局、メイちゃん農場の加工所が建ったのは国の6次化認定を受けてから2年後の2013年でした。    ※ 6次化とは… 農林漁業の6次産業化とは、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。これにより農山漁村の所得の向上や雇用の確保を目指しています。 引用:農林水産省「農林漁業の6次化産業」   ※ 6次化プランナーとは… 6次産業化プランナーとは、6次産業化に取り組む農林漁業者の皆様の相談に応じてアドバイスを行うため、6次産業化サポートセンターに登録された専門家のことです。6次産業化サポートセンターは、6次産業化に取り組む農林漁業者等の皆様の相談窓口として、全国に設置されており、相談内容に的確に対応できる6次産業化プランナーを派遣し、課題の解決に向けて具体的なアドバイスを行います。 引用:農林水産省「6次産業化プランナー」   メイちゃん農場年表 2010年 ヤギを1頭飼い始める 2013年 メイちゃん農場加工所設立 2013年 ヤギ乳石鹸の製造・販売を開始 2014年 プリンの製造・販売を開始 2015年 ヤギ乳チーズを使った「シェーブルチーズケーキ」の製造・販売を開始 2015年 ヤギ乳シフォンケーキの製造・販売を開始 2017年 北海道でチーズ作りを学ぶ 2018年 シェーブルチーズ「潮騒」「凪」の製造・販売開始     ← メイちゃん農場の3つのこだわり  メイちゃん農場の誕生秘話 →

続きを読む →

メイちゃん農場の3つのこだわり

投稿者 :メイちゃん 農場 on

メイちゃん農場の3つのこだわり

1. ヤギに対してストレスフリーの飼育環境 天候や気温に応じて、太陽の下にヤギを連れ出して日光を浴びさせたり風に当てながら、ミネラル豊富な牧草を食べさせます。放牧しているとヤギの性格や体格によって、強いヤギだけが餌を食べてしまうこともありますが、メイちゃん農場では一頭一頭のヤギのパーソナルスペースとそれぞれの餌を確保することで、ストレスフリーでなるべく自然に近い飼育環境を整えています。   2. 衛生面、乳質等を考慮し手による搾乳 ヤギの搾乳期は産後の4月〜11月頃までと限られた期間しかありません。また、なるべくヤギにとって負担とならない搾乳とするため、機械を使わず手作業による搾乳を行なっています。   3. 品質を第一とし、手作りで一つひとつ真心を込めて作っています 鳥取県西部の米子市淀江町今津地区にある「メイちゃん農場」。 中国地方の秀峰大山の麓に広がるメイちゃん農場は、日本海からの潮風が届く素晴らしい自然環境に位置しています。海の傍で鳥のさえずりと波のせせらぎを聞きながら、自然の草花を口にするヤギが見えるのどかな農場の風景を思い浮かべていただき、いつかこのチーズを作る農場を訪れてみたい、そう思っていただけるようなチーズを作りたいという思いで日々の飼育管理、搾乳、チーズ作りに取り組んでいます。     ← メイちゃん農場の歴史  メイちゃん農場の誕生秘話 →

続きを読む →

メイちゃん農場の誕生秘話

投稿者 :メイちゃん 農場 on

メイちゃん農場の誕生秘話

メイちゃん農場 since2010 「こども達に家畜と触れ合う環境を提供しよう!」 という想いで、 1頭のヤギを飼ったことが メイちゃん農場のはじまり。 もともと教育関係の仕事をしており 日々こども達と触れ合う中で 花粉症や喘息で困っているこども達をたくさん見て 「こども達のためにしてあげられることはないか?」 そう考える日々でした。 そんな時に 「家畜を飼っていると、子供のアレルギーが少ないらしい」 そう聞いたことがあり 家畜と触れ合える場所を提供することを決意。 「こども達の健康的な心身の成長に役立ちたい こども達や若い世代のために これからも元気な地域を残していきたい」 そう願っています。   こども達の「考える力を育てる」塾をスタート もともと人の生き方、考え方はそれぞれで、正しい生き方という答えが無いのと同様、本来の教育とは自分で疑問点を見出し、自分らしい答えを熟考することが本当の教育の在り方ではないかと考えており、答え有りきの現代教育に違和感を感じていました。そこで今から約10年前、教育に関心を持っていた私は、学校で教わる5教科よりも「自分でものごとに向き合って考える力を育てる」ことの必要性を感じており、こども達の「考える力を育てる」塾をスタートしました。 当時オリジナル教材を作っている方とご縁があったこともあり、こども達がもともと持っている考える力を、さらに伸ばしていくことを大切にしていました。   メイちゃん農場のきっかけは「こども達のアレルギー」 考える力を育て伸ばしていくために、学習のみではなく、周囲のあふれる自然環境を活かした「農業体験」なども積極的に取り入れていきました。そうした中でも、10人中5人ものこども達が喘息やアレルギーで困っている姿を見ることも多く、「何でこんなにアレルギーが多いのかな?自分にも何かしてあげられることはないか」と考えながら過ごす日々でした。そんな時期に「家畜と触れ合うとアレルギーにいいらしい」と聞いて、2010年にちょうどヤギを譲りたいと言われる方と巡りあうことができ、「メイちゃん」と言う名前のヤギを1頭飼い始めました。   田畑での「農業体験」や「ヤギ」との触れ合い活動を通じてこども達の笑顔が増えていくと同時に、ヤギの頭数も増へ飼育が忙しくなっていきました。そこで、誰でも気軽に家畜と触れ合う場を提供すると共に、農地を有効活用することで自分が生まれ育ったこの地域に恩返しがしたいという思いで、メイちゃん農場として農場をオープンさせることを決意し、現在の「メイちゃん農場」の原形が誕生しました。     ← メイちゃん農場の歴史  メイちゃん農場の3つのこだわり →

続きを読む →