搾りたてのヤギミルク飲んでみたら、牛乳とのちがいを発見!

ヤギ乳(ヤギミルク)を飲んだことはありますか?

昔の家にはヤギを飼っている家庭もたくさんあり、とても身近な動物のひとつでした。

先日、初めて飲んだヤギミルクの味わいは、

「牛乳と比べてあっさりしているのに、ミルク特有のコクはちゃんとある。それでいて、口の中にいつまでもミルクっぽさが残る感覚はなく、ほのかなヤギミルクが口の中に漂う感じ」

独特の匂いなどは一切なく、飲み慣れた牛乳よりも、スーッと飲みやすい印象でした。

ヤギミルク

ヤギミルクのタンパク質(カゼイン)は牛のミルクよりいい

ヤギミルクのタンパク質は、牛乳と比べるとアレルギーを起こしにくいと言われていることをご存知ですか?

タンパク質の一種であるカゼインには、「αカゼイン」「βカゼイン」「κカゼイン」の3種類があります。それぞれ同じ成分のカゼインでも構造がちがうんですね。

牛乳とヤギミルクは同じ栄養成分として、カゼインを含んでいますが、同じカゼインでも形状が異なるのです。

人の母乳とヤギミルクの成分はとても似ていると言われ、昔はあまりお乳が出なかったお母さんが、赤ちゃんの授乳用にヤギ乳を飲ませていたこともあるんですよ。

母乳アレルギーの赤ちゃんなんて、もちろんいませんよね!

(参照:ビタミンアカデミー