潮風と名水の町で育まれて~メイちゃん農場の山羊たち~

スタッフの樋口です。

昨年末メイちゃん農場を訪問しました。

メイちゃん農場は米子市淀江町にあります。

海と山に囲まれた町です。住民の方々は自然の恩恵を生かした農業や暮らしを営んでいます。

 

潮風を生かした農業

 

米子市淀江町の海
<米子市淀江町の農場近くの海>

メイちゃん農場のチーズ「潮騒」

その名の通り牧場のすぐ横には日本海の荒波が広がります。

山羊小屋潮風でさび付く
<農場の小屋のトタンの壁。潮風で所々白いサビが出る。>

メイちゃん牧場の山羊の小屋は日本海の潮風を受けてサビが付きやすくなっています。

淀江町の海沿いの畑にはその潮風を生かして、ミネラル分が多く含まれた野菜を生産しています。

人参、ゴボウ、ネギなどが生産され、その味は、野菜本来の甘さや香りが引き立ち、泥臭さが少ないのが特徴です。

海沿いに広がる畑
<海沿いに広がる野菜畑を潮風が吹き抜ける>

こういった野菜と同じように、メイちゃん農場の牧草もミネラルを含み育っています。それを山羊たちが食べてスクスクと育っているのです。

私は農場の牧草を食べたことがありませんが、淀江の野菜とおなじくきっと美味しさが引き立っているのでしょう。

 

名水の町で育つ山羊たち

淀江町眞井の水
<淀江町・名水100選に選ばれた真名井の湧き水。その透き通った池>

淀江町は大山から続く美しい地下水が湧き出している「名水スポット」がいくつかあり、「名水のまち」として知られています。

淀江の水道水もそのふんだんな水を使用しており、「蛇口から名水がでる」といわれています。

この名水を生かして、淀江町の山ではほうじ茶が生産され、近隣の温泉施設では名水とうふが販売されています。

メイちゃん農場も、その美しい水の恩恵を受けている場所の一つ。

山羊さんたちも淀江の名水を飲んで育っています。

 

食べ合わせは風土を生かして

知人のシェフから、畜産物が育った場所でどんな水を食べてどんなものを食べているのかを想像して食べ合わせを考えると、良い組み合わせができると聞きました。

淀江の野菜やお茶などを、チーズと合わせて食べるのがベストかもしれません。

紫芋と山羊ミルクのプリン
<お茶に使う水は鳥取の天然水でいかが?>

ですが、あなたのお住まいの地域の海のミネラルを生かした野菜との食べ合わせや、

鳥取の「奥大山の天然水」などをつかったお茶やお料理などを組み合わせても、メイちゃん農場の乳製品を楽しんで食べるコツになるかもしれませんよ。