「もうステロイドは塗りたくない」手湿疹の悩みを軽減する石鹸

毎年毎年痛痒い「主婦湿疹」が辛い

手湿疹に悩む主婦の手みなさん、こんにちは!販売スタッフのだてです。今日は主婦湿疹について、お話ししたいと思います^^

水で野菜を洗ったり、洗剤を使ってお皿やお風呂を洗ったり、主婦(夫)の手は休もうにもお休みがありません。

毎日の炊事や洗濯に掃除、おわりのない家事を続ける主婦(夫)の方を悩ませるのが、手に痛痒い小さな水泡ができてしまう「主婦湿疹」と言われる症状です。

これは日頃から水仕事の多い方がなりやすい、手のバリア機能を失った重度の手荒れの状態。

手の表面にある皮脂膜が、お湯や洗剤を使った水仕事によって過剰に洗い流されることがきっかけで起きやすく、天然のバリアである皮脂膜がなくなっている状態とも言えます。

 

主婦湿疹の原因は「乾燥」

もともと水仕事が多い主婦の人は、洗剤などによって手が乾燥しやすい状態です。刺激を避けて手袋を使ったり、保湿のためにハンドクリームなどを使ってみても、その症状はなかなか解消されません。

また、秋から冬の乾燥が特に気になる季節になると、寒さからお湯を使うことが増えるので手が本来持っているバリア機能を失ったところへ、さらにシャンプーやハンドープ、手指のアルコール消毒などの刺激を受けることによって、乾燥や炎症が悪化しやすくなります。その他にも、疲労やストレスなども影響していると言われています。

その結果、手の湿疹が痛痒さを帯びるので、無意識のうちに手を掻いてしまったり、湿疹が赤く炎症して薬を塗るなど、悪循環の繰り返しに…また皮膚科では、ステロイド系の塗り薬を処方されることが多いですが、これらのお薬は塗りつづけると効果が弱まったり、色素沈着を起こして肌が黒ずんだりなどの側面も。

せめて手先のストレスが少ない状態で家事をしたいものです。

 

「ヤギ乳石鹸」を使って主婦湿疹を解消

手荒れが軽減したというぷるぷるヤギ乳石鹸普段、使っている界面活性剤を含んだハンドソープやボディーソープ、石鹸などをヤギ乳石鹸に変えてみませんか?
保湿効果の高いヤギ乳をたっぷり使用するなど、お肌にやさしい成分が主体となってぷるぷるヤギ乳石鹸はできています。

このヤギ乳石鹸を使われて、まず驚かれるのは、「洗い流す時にしみない」こと!

手の湿疹が炎症していたりすると、水がしみることも多く、水を使うことさえも犬猿されがちです。しかし、このぷるぷるヤギ乳石鹸は、洗い流す時の水がしみないことに驚かれることもたくさんあります。

さらに、ヤギ乳石鹸を泡だてネットででよく泡だて、泡をお肌に塗りこむようにご使用いただくと効果的。泡が消えて無くなるまで放置してからサッとシャワーなどで洗い流せば、より手荒れが軽減するといった農場主からのアドバイスも。

ぜひ、このぷるぷるヤギ乳石鹸を使われた感想などをお聞かせください。ご愛用者さまの声として、サイト内でご紹介させていただける方にプレゼントなどをご用意しています。

ご愛用者さまの声をこちらからお寄せください。

 

 手作りヤギ乳石鹸のご購入はこちら